新生児用品が必要ならまとめてアイテムを揃えよう

飲ませるなら何がいいの

赤ちゃん用品

ミルクを溶くのは何が正解

赤ちゃんを母乳とミルクの併用で育てていたり、ミルクのみで育てていたりするときに悩むのがミルクを溶かすお水です。ミルクを溶かすときに、水道水を使用するなら一旦70℃まで温度を上げて、残っているカルキや塩素を抜きます。そのお湯でミルクを溶かし、今度は赤ちゃんが飲みやすい40℃まで温度を下げてからミルクを飲ませます。ミネラルウォーターを使用するときも、ミルクを溶かすために沸かす必要があります。ミネラルウォーターを使用するときの注意点は、水素水とは違いカルキや塩素は含まれていませんが、硬水と軟水があります。赤ちゃんに飲ませるミルクを作るときは、ミネラルの少ない軟水のミネラルウォーターを使用するようにしましょう。硬水には、ミネラルが多く含まれているため、胃腸の弱い赤ちゃんは体調を悪くしてしまいがちです。その点、ピュアウォーターとも呼ばれる純水は全く何も含まれていないので赤ちゃんのミルク作りにはおすすめです。また、ミネラルウォーターとピュアウォーターは、ペットボトルに詰められてスーパーやコンビニなどで販売されているので手に入れやすいものです。そして、ミネラルウォーターとピュアウォーターは、ウォーターサーバーで取り扱われていることも多いので検討してみましょう。お湯がでるウォーターサーバーだと、赤ちゃんが泣けばさっとミルクを溶かして作ることができるので赤ちゃんを待たせることがなくなります。胃腸の弱い赤ちゃんには、なるべく体に負担のかからない工夫をしてあげたいものです。